血液クレンジングで自然治癒力を高め健康に

まずは減量から

Hospital

病気の改善には、まず減量対策を考えよう

今の時代、全国各地で睡眠時無呼吸症候群の検査が可能な医療機関は増えてきています。睡眠時無呼吸症候群は寝ている間におこる酸素不足であり一種の呼吸障害にあたります。人は本来、起きている間は大脳皮質で呼吸は管理・調節されています。息苦しさを感じた場合は深呼吸をすれば改善します。しかし就寝中の呼吸管理は大脳皮質が眠ってしまうため呼吸中枢が代わりに行っている状態です。睡眠時無呼吸症候群の病態のタイプ分類には閉塞型の他に中枢型、混合型や低呼吸などがあり患者のおこなう呼吸の仕方や治療の考え方も微妙に異なります。睡眠時無呼吸症候群の大半は閉塞型無呼吸と名付けられ、生活習慣上で体脂肪過多の原因から惹起されるものが多く見られます。逆に考えれば治療するにあたって減量は高い効果をもたらします。

睡眠時無呼吸症候群の改善効果にカフェインを利用してみては。

睡眠時無呼吸症候群の治療にあたって減量は非常に効果があります。体脂肪を減らすことで睡眠時無呼吸症候群の改善以外にも効果が見込めます。体内面では、二次的な疾患として発病率が上がってくる心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症を減らすことも言われていますし、高脂血症や動脈硬化の病態の悪化予防にもなります。また患者本人の体感からは体脂肪が減ることで喉周辺や鼻周辺での呼吸がしやすくなることも事実です。今の時代メタボリック評価も厳しいため、体脂肪を減らすために多くの対策が行われていると感じます。減量時に利用する効果として参考にしてほしいことは、カフェインによる体脂肪燃焼効果です。カフェインは飲用してから30分で効果がでてきます。その燃焼に加え腹筋やジョギングなどの筋トレも励み、相乗効果を試みられてはどうでしょうか。特に気を配りたいのがお腹周辺の余分な脂肪を取り除くことです。全身疲労感も減り、糖尿病や心不全などの二次病予防にもつながります。運動効果から夜の睡眠が整ってきます。就寝中の睡眠深度が良質なものでなければ基礎代謝もあがらないのも事実です。相乗効果でがんばってみてほしいものです。