血液クレンジングで自然治癒力を高め健康に

チェックして発見

Hospital

いびきをチェックして睡眠時無呼吸症候群を早期発見しましょう

睡眠時無呼吸症候群では、かなりの確率で習慣的ないびきをかくケースが見られます。従って、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるか否かは、こうしたいびきの有無を確認することである程度予測することが出来るのです。通常いびきは自分では中々気付くことが難しいため、状態を把握するためには家族など周囲の協力が必要になります。いびきは肥満や鼻づまりなど他の原因でも起こる症状であるため、いびきがあることが、即睡眠時無呼吸症候群に繋がる訳ではありません。ですが、一定の可能性があることは否定出来ないため、いびきを習慣的にかく方の場合には一度は専門的な検査を受けておくことで、大きな安心が得られる訳です。睡眠時無呼吸症候群は早目に治療を開始すれば、後の大きな病気や日常のトラブルも防ぐことが出来ます。

専用の鼻マスクを装着して行なう治療法があります

睡眠時無呼吸症候群の場合に現在広く行なわれているのが、専用のマスクを鼻に装着して行なう治療法です。こうしたマスクを使用して気道に空気を送り込むことで、常に気道を確保し呼吸がとまることを防ぐことが出来ます。治療を効果的に行なうためには、ちょっとした慣れやコツが必要となるため、治療の開始時期には医療機関でのトレーニングが行なわれることもあるのです。睡眠時無呼吸症候群の治療は、主に内科で行なわれており、専門の睡眠外来も数多く開設されています。このような診療科には、睡眠時無呼吸症候群の治療に詳しい専門医が勤務していることが多いため、常日頃の生活習慣も含めた総合的なアドバイスが得られると考えられるのです。